飛距離の三大要素

皆さん、飛距離の三大要素ってご存知ですか?

ゴルファーの中には知らない方も多くいらっしゃるようで、飛距離を出すにはヘッドスピードがないとダメと思っている方も少なくないようです。

確かに、ヘッドスピードも大事ですが、ボールの飛距離は「初速」「打出角」「スピン量」の3つが関係して決まります。この3つを飛距離の三大要素といいます。

いくらヘッドスピードが速くても、ボールの初速がはやくないと飛ばないですし、ボールが高すぎても低すぎてもダメ、ましてやボールのスピンが多すぎても少なすぎても飛距離は出ません。

この3つの要素がプレイヤーのヘッドスピードで、可能な限り速い初速、適正な打ち出し角度、適正なスピン量が得られれば、最大の飛距離に近づくということになります。

今回はその中の1つ、初速について話します。

ボール初速とは、インパクト直後のボールスピードのことです。

反発して打ち出されたボールの力です。

ヘッドがボールに衝突する速度が速いほど(ヘッドスピード)ボールの初速が速くなり飛ばしに有利になるわけですが、ヘッドスピードが速いのにボールが飛ばない方がいます。

この方達は、クラブとボールがしっかりミートしていない可能性があります。

ミート率が高いとボール初速は上がり、飛距離が伸びます。

なので、飛ばしに必要なのはヘッドスピードではなく、ボール初速になります。

例えば、女子プロのヘッドスピードは、一般男性とあまり変わりません。

でも、ドライバーの飛距離は断然女子プロ達のほうが上です。

その理由は、ミート率が違うからです!

プロという事も確かにありますが、女子プロはいつも芯に当てることで飛距離だけでなく方向性も良いショットを打てるのです。

それだけ飛距離を出すにはミート率(芯に当てる)が大事になります。

ゴルフクラブも、この3大要素を考えて作られ進化し続けています。

まずは、飛距離を出したい方は初速という事を考え、ミート率を上げるように頑張ってみてはいかがでしょうか?

詳しく知りたいと思いの方は、体験レッスンも行っておりますので連絡をお待ちしております。

アプローチの距離感

こんにちは、エンジョイゴルフ大浦です。

アプローチでのレッスンで1本のクラブで距離を打ち分ける方法を聞かれました。

皆さまは、距離の打ち分けをどのようにされていますか?

今回レッスンした方は、インパクト時の力の強弱で距離の幅を決められていました。

ボールに当てて終わりみたいな感じ。

まさに感覚派ですね(^-^)

この強弱で上手く距離感が出せればいいと思いますが、飛び過ぎたりショートしたり、さらにダフリやトップも出てミスが多く悩まれていました。

感覚は大事だと思います。

ですが、ここまで安定しないと「ものさし」たる基準的なものを持っていたいですよね。

そこで、振り幅を決めて調整する練習をしていただきました。

まず体を時計に置き換え、腕が針として見立ててイメージしてもらい、8時から4時の幅・9時から3時の幅という形を決め、振り上げる幅で距離を決定する。

人によって振り幅での距離は違いますが、振り幅という「ものさし」を作ることによって距離の打ち分けが出来ます。

なかなか振り幅でのアプローチが上手くいかず、力が入りガチガチになっていましたが、少しずつ力も抜けてきて上手く打てるようになってこられ楽しく練習されていました。

帰り際には、先生、今度はカッコよくおしゃれにスピンとかかけれるアプローチ教えてくださいとか言ってくる(Σ(・□・;)

いまやっている練習がコースでバッチリ決まれば、十分カッコイイと思うけどなぁ……

私のレッスンはマンツーマンが基本としています。コミュニケーションを大切にして、信頼関係を築き、目標達成に向けてサポートしていきます。


クラブの事やゴルフの事なら何でもご相談ください\(^o^)/


体験レッスンも行っておりますので、お気軽にお申し付けください。

 

井上プロのレッスンブログ「フェースの向き」

今回はインパクト時でのフェースの向きについてお話します。

ボールを打ちたい方向に打って行くにはまずフェースがターゲット方向にむいているかです。

いかにキレイなスイングが出来てもターゲット方向に向けていないと意味がないしインパクト時にフェースが向いていないと意味がありません。

ただ構えた向きが間違っていても打ちたい方向に飛んで行く事もありますがそれがナイス ショットだとは言い難いですし構えた向きが良くてもミスショットになってしまうということです。

ということはそれだけインパクト時でのフェースの向きが大事だということです。テイクバックの時にフェースを開いて上げているか閉じて上げているかでスイングも変わりますしトップの位置も変わったりします。

自分がどちら側の上げ方をしているか一度確認してみて下さい。

またどちらの方が良いとかはないので悩んでおられる方は体験レッスンにお越し下さい。

詳細はお電話、またはメール、HPからどうぞ!

(井上雅之PGAツアープロは、主に毎週木曜を担当)

井上プロのレッスンブログ「アドレスの重要性」

今までレッスンしてきた方々の多くはアドレスが上手く構えられていません。

アドレスが上手く構えられていないとキレイなスイングが出来にくくヘッドスピードも上がらずスイング軌道もずれて上手く打てることが出来ません。

スイングに悩んでいる方はまず基本に戻りアドレスをきっちり作り直してみて下さい。

スタンスの基本は

 「姿勢、スタンス幅、体重のかけ方、手元の位置」 です。

個人差はありますが一つでも間違っているとスムーズなスイングが出来にくくなります。

まず姿勢、前傾に対して上半身が真っすぐになっているか。例えば、猫背になっていたり、左右に傾いていたり、頭がかがみすぎていたりしていないかです。

スタンス幅、肩幅ぐらいには開いているか。広すぎると腰は回しやすいが体重移動がやりにくくなり、狭すぎると体重移動はやりやすいが腰が回りにくくなります。個人差はありますが両方がやりやすい幅にしているかです。

体重のかけ方、足の裏の中心からやや前にかけているか。軸がぶれないように踏ん張れる場所にかけられているか、です。

手元の位置、中心より少し左の位置で構えられているか。どのクラブも手元の位置は同じでインパクト時の位置でもありドライバーを真っすぐ構える位置でもあります。なので、ドライバー以下のクラブは必然的にハンドファーストになります。

もう一度基本に戻ってみてキレイなアドレスを作り、キレイなスイングを目指してみて下さい。

「ゴルフ始めようか、どうしようかな?」と迷ってらっしゃる方、まずはお気軽に、体験レッスンからはじめてみませんか?

詳細はお電話、またはメール、HPからどうぞ!

(井上雅之PGAツアープロは、主に毎週木曜を担当)

基本が大切

こんにちは、エンジョイゴルフ大浦です。

レッスンをしていて、よく聞くのがクラブをどうやってあげたらいいかわからない

という声です。

そう質問される方の共通点は、特に身体をあまり動かさず手でスイングの形を作っているケースが多く見られます。

ゴルフはどこまでいっても基本が大事です。

つまり、グリップ・アドレス・始動です!

この始動の部分で、初心者・上級者問わず迷われている方が多いようです。

まあ、初心者はわからなくて当然ですけどね(^_^)

ゴルフスイングは回転運動です。

じゃあ具体的にどこを回せばいいのか?

一番分かりやすくて動きを覚えられるのが「胸板」!

胸板をバックスイングでは右に向かせ、フォロースイングでは左に向くようにすれば、

上半身は自然と回転します。

この動きに腕の動きを加えればスイングが出来るということです。

胸板を意識するとスムーズな回転運動になり、少ない力でも飛ばせることが出来ます。

基本的な身体の動きを身につけて個性を生かしてもらえればうれしいですね(^_^)

私のレッスンはマンツーマンが基本としています。コミュニケーションを大切にして、信頼関係を築き、目標達成に向けてサポートしていきます。

クラブの事やゴルフの事なら何でもご相談ください\(^o^)/

体験レッスンも行っておりますので、お気軽にお申し付けください。

井上プロのレッスンブログ「アイアンで大事にしていただきたい事」

一つ目は、ショトーアイアンであれば、10回のうち8回は、ある程度イメージ通りに打てるようになることを、目指してください。

二つ目は、「自分の距離を知る事」です。それも、一番良い時ではなく「平均」を知る事、です。

それは、キャリーの距離を知る事でショートアイアンの場合は、転がり(ラン)が少なく、ミドル・ロングアイアンの場合は、ランが多いので、そこも含めた距離で知って下さい。

「ゴルフ始めようか、どうしようかな?」と迷ってらっしゃる方、まずはお気軽に、体験レッスンからはじめてみませんか?

詳細はお電話、またはメール、HPからどうぞ!

(井上雅之PGAツアープロは、主に毎週木曜を担当)

井上プロのレッスンブログ「アドレスでの手元の位置」

本日レッスンされた方は、番手によって手元の位置が変わり、同じスイングリズムで振れていませんでした。

どの番手でも、インパクト時の手元の位置は同じにならないといけません。

番手を変えても、同じ場所で構えるようにして下さい。変えるのは、ボールの位置を変えてみて下さい。

中には、どの番手もボールの位置を同じにしている方もおられますが、クラブの長さによって位置を変える事で、インパクトのタイミングが合わしやすくなります。

それを練習の中で、調整しながら番手によっての位置を、合わしてみて下さい。

「やってみたけど、よくわからない」「もう少し詳しく教えてほしい」と興味を持った方、お待ちしております。

「ゴルフ始めようか、どうしようかな?」と迷ってらっしゃる方、まずはお気軽に、体験レッスンからはじめてみませんか?

詳細はお電話、またはメール、HPからどうぞ!

(井上雅之PGAツアープロは、主に毎週木曜を担当)

井上プロのレッスンブログ「カット軌道になる原因」

本日レッスンした方は、 フォローで左ひじを引いてしまい、上手くクラブフェイスを返すことが出来ずカット打ちのスイングになっていました。

その原因は下半身の動きが悪く上半身だけで打つ状況なので、リリースも早くダウンスイングの軌道がアウトから降りてきやすくなっていました。

下半身の動きが遅い人は特にフォローで左ひじを引くことになるので、ダウンスイングは、手元をおろすと同時に腰を回していくことでタイミングが合ってきて、フォローで身体全体がターゲットに向いていくので左ひじも引くこともなく、クラブフェイスも上手く返していく事が出来ます。

「ゴルフ始めようか、どうしようかな?」と迷ってらっしゃる方、まずはお気軽に、体験レッスンからはじめてみませんか?

詳細はお電話、またはメール、HPからどうぞ!



井上プロのレッスンブログ「テイクバック」

本日レッスンした方は、テイクバックで右肘を引いてしまい、トップで頭が下がる癖がありました。

右肘を引くようなテイクバックをされる方は構えた時の腕の三角形がすぐに崩してテイクバックしてしまうからです。

まず三角形を崩さずテイクバックするには、クラブヘッドをターゲットの真後ろに遠くへ上げていき大きな円をえがくようにとアドバイスしていきました。

そうすることで、頭も下がらなくなり、胸の前にスペースが出来、理想的なトップになり、また、きれいな軌道を描くダウンスイングにもなりました。

「ゴルフ始めようか、どうしようかな?」と迷ってらっしゃる方、まずはお気軽に、体験レッスンからはじめてみませんか?

詳細はお電話、またはメール、HPからどうぞ!

井上プロのレッスンブログ「(上級者向)アプローチでのスイング」

本日はアプローチ場を使ってのレッスン。

エンジョイゴルフには、30yd弱のアプローチがあり、初心者から上級者までどなたでも、スコアアップに効果テキメン!のアプローチレッスンができるのは、とてもありがたい!

スイングは、「まっすぐ引いて、まっすぐ戻す」が基本なのはもちろんですが、上級者になればなるほど、状況に応じたスイングが必要になってきます。

そこで本日のレッスンでは「インサイドアウト」「アウトサイドイン」のスイングをレッスンしました。

「インサイドアウト」では、

・低く出やすい

・ボールをつかまえやすい

・(スピンが少なくなり)ころがりやすい

という特徴があります。ので、左足上がりのライなどでは、打ちやすくなりますし、あえて転がして寄せたい場合にも有効です。

また逆に、「アウトサイドイン」にすることで、

・高く上がりやすい

・スピン量が増えるかわりに、ボールがつかまりにくくなる

という特徴があります。ので、左足下がりのライなどでは、打ちやすくなりますし、

ボールが抜けやすい状況、例えばボールの下に隙間がある状況の時には、このうち方が有効です。

本日のレッスンの方は、ころがしは今までは8番・9番などでうってらっしゃいましたが、この二種類の打ち方を覚えることで、色んな状況で打ちわける方ができることを覚えていただきました。

・・・なんとかブログで解説を試みましたが、なかなか言葉では説明しづらいです。興味のある方は「インサイドアウト」「アウトサイドイン」の動画を撮りましたので、LINEにてお送り致しますので、来館された折にフロントまでご要望下さい。(エンジョイゴルフ会員に限ります)

アプロ―チは、色んな状況で打つことになるので、その状況に応じた打ち方を身につけましょう。

※高度な技術ですので、せっかく身についた基本スイングを忘れてしまいかねません。初心者の方は、まず基本のスイングを身につけてから、挑戦しましょう。

最近のクラブの話。

会員様と話していて、「7番でも150YDくらい飛ばせる」との話。

昔と比べると、ロフト角が2番手あがっていて、昔の5番と同じくらい。なので、距離が出やすい。

低重心で、芯の位置が低くなっているので、球があがりやすい。

5番と比べ当然シャフトが短いので、ぶれにくい。

(5番は難しいというイメージを持ってしまいがち、実際に7番に比べミスがでやすいが、)7番なら大丈夫、という自信・安心感が、リラックスしてスイングでき、ミスが少なくなる。