「重心角」

こんにちは、大浦です。

今回は重心角についてお話します。

前回お話した重心距離と同じで、ボールの捕まりに大きく左右するもう一つの目安になる項目になります。

重心角とは、クラブを机などの上に置き、ヘッドを宙に垂らしたときに、フェイス面が上を向く角度のことです。

重心角が大きいほど球の捕まりが良く、重心角が小さいほど球の捕まりが悪くなります。

言い方を変えると、重心角が大きいほど、ヘッドが勝手に左へターンしてくれるという事です。

特に、スライスやヘッドのターンが苦手な方には、重視したい項目です 

こちらも、重心距離同様に、あくまでヘッドだけの点での話です。クラブにはシャフトという大きな役割をもった部分もあります。

クラブの買い替えの時には、参考にしてみてくださいw

【重心距離】

こんにちは、大浦です。

今回は重心距離についてお話します。

重心距離とはドライバーヘッドの返りやすさ、返り難さをを示してくれる一つの目安になる数値です。

フェース面のスイートスポット・エリア(重心)までの距離のことで、シャフト軸からどれほど重心までの距離があるのかということ 。

軸となるシャフトからクラブヘッドの重心までの距離が長いのか短いのかでクラブヘッドの回転の仕方に影響を及ぼしてきます。

また、スイングのタイプによって重心距離は大きく影響します。

特に、リストターンタイプのスイングの方は重心距離が短い方が良いと言われています。その理由は重心距離が短い方がヘッドを返しやすく操作しやすい為。

逆に、リストターンができない、あるいはリストターンをしないというタイプのスイングの方は、重心距離が長い方が適していると言われています。

皆様は、自分のスイングタイプに合ったヘッドを使用していますか?

ただし、これはあくまでヘッドだけの点での話です。クラブにはシャフトという大きな役割をもった部分もあります。

クラブに不安がある方、買い替えを考えている方、この機会にクラブ選びの参考にされてはいかがですか?

クラブ相談も受けていますので、気軽にお声掛け下さい。

「クラブ選び」

エンジョイゴルフ、井上です。

今回はユーティリティの選び方についてです。
今はユーティリティも色々な種類があります。
自分にどういう物が合うのか悩んでいる方もいると思います。
少し前にはハイブリッドと言われていた時期も有りました。
その時はあまり種類もなかったのですが今は大きく分けて「アイアン方」「ウッド方」と
その両方の間の3種類あります。名前もユーティリティになり意味は
「役に立つもの」「有用性」などです。という事は使いやすく打ちやすいクラブだということです。
それでも合わないという方もいるとは思います。必ずしも打ちやすいというわけではないという事です。
それはスイング軌道や入射角が違うからです。例えばアイアンが得意な方はアップライトぎみのスイング
になると思うのでその方がウッド系の物を使って球が上がり過ぎてしまうとか、またその逆のフラットスイングぎみなのにアイアン系を使い球が上がらないという事です。どちらにしても自分がどのようなスイングをしているか確かめて選ばないと打ちやすいクラブも打ちにくくなるという事です。まずは自分のスイング、得意クラブを知りそれに合わせるようにして選んでください。
それだけ今は種類がありスイングに応じた物が増えて来ています。それはウッドもアイアンも同じです。

「エイミング」

こんにちは、大浦です。

エイミングという言葉をご存知ですか?

エイミングとは、狙いを定めることです。

コースに行くと、ちゃんとアドレスしているのに、何でそっちの方向に飛んで行くの?っていう経験ありませんか?

そういう場合、しっかりと目標方向に狙いを定められていないかも知れません。

ボールを打つ前に重要なのが、目標方向に対してスクエアに構える事です。

飛球の方向は、目標やボールに対してどのような向きで構えるかによって大きく左右されます。

体の向きが少しズレただけで、ボールは目標から大きくそれてしまいます。

あまり目印の無いコースでは、このエイミングがスイング前の重要な動作になります。

ショットする前のルーティーンとして、この動作を必ず入れていきましょうw

「ゴルフ エイミング」の画像検索結果

ゴルフって面白いの?

「楽しくゴルフ」の画像検索結果

こんにちは、大浦です。

ゴルフは お金持ちやお年寄りの娯楽で 若者のやるものではないと考えている人も少なくないでしょう。

ゴルフは 年齢、性別、上手下手に関係なく 誰もが 一緒にできるスポーツなんですw

確かに お金持ちで ゴルフ好きな人は 多いですね

でも、裏を返せばお金持ちが好んでやるほど面白いと言うこと 。

高齢になるまで 続けられるのも 魅力。

スポーツにもよりますが、ゲームに「実力」と「運」の要素が含まれ、どのように

向き合って自然と闘いプレーしていく楽しさがあります。

緑の中を歩いて 白球を打ち 適度な運動で汗をかくことは ストレス解消と健康維持の観点からも 大変 魅力的です。

今は、ゴルフウェアのオシャレなものも多く、普段着にされている方も多い。

より多くの方にゴルフというスポーツの楽しさを味わってほしいですw

私個人としての一番の楽しみは、ゴルフが終わってからゴルフ談義をしながらの一杯が最高ですね(笑)

昔のゴルフクラブの呼び名

「昔のゴルフクラブ」の画像検索結果

こんにちは、大浦です。

皆さん昔のクラブの呼び名を知ってましたか?

私もウッドの呼び名は知っていましたが、アイアンまでいろんな呼び名があったとは

知りませんでした(笑)

番手今の呼び名昔の呼び名
1-Wドライバープレー・クラブ (Play Club)
2-Wブラッシー (Brassie)
3-Wスプーンスプーン (Spoon)
X-Wバッフィー/クリークバッフィング・スプーン (Baffing Spoon)
1-I1番 アイアンドライビング・アイアン (Driving Iron)
2-I2番 アイアンミッド・アイアン (Mid Iron)/クリーク (Cleek)
3-I3番 アイアンミッド・マッシー (Mid Mashie)/サミー (Summy)
4-I4番 アイアンマッシー・アイアン (Mashie Iron)/ジガー (Jigger)
5-I5番 アイアンマッシー (Mashie)
6-I6番 アイアンスペード (Spade)/スペード・マッシー (Spade Mashie)
7-I7番 アイアンベニー (Benny)
8-I8番 アイアンマッシー・ニブリック (Mashie Niblick)
9-I9番 アイアンピッチング・ニブリック (Pitching Niblick)
10-Iピッチング ウェッジニブリック (Niblick)

今では、クラブのバリエーションが増えてきたので、上記のような言い方は無くなってきましたが、知っていて損はないと思いますよw

ウェッジのバンス角

こんにちは、大浦です。

今回は、バンス角についてお話いたします。

よくローバンスは上級者、ハイバンスは初級者と思っている方がいると思いますが、それは間違いです。

プロや上級者でもハイバンスを使用している方も多いです。 

大事なのはスイングタイプや打ち方によってどちらのバンスが合っているかが大切です。 

一般的にハイバンスは、ヘッドが地面にささりにくく滑りやすくなるので、ハンドファーストの強い方や、ダフリやすい方に合うとされています。 

逆にローバンスは、ソールが滑りにくいので、少しでもボールの手前に入るとダフリやすくなりますが、ボールを直接打ちやすくソールがはねてトップになりやすい方に合っているとされています。 

アプローチでトップしやすい方や、バンカーでホームランなど飛びすぎのミスが多い方は、現在使用しているバンスより、ローバンスなものを使用すると良いかも知れません。 

ダフリやすい方や、バンカーからなかなか脱出できない方は、現在のバンスよりハイバンスなものを使用すると良いかもしれません。 

自分に合ったバンスが知りたいと思いの方は、体験レッスンも行っておりますので、是非

ご連絡下さいませ。

「風」

エンジョイゴルフ、井上です。

皆さんはラウンド中、どのくらい風の強さを気にしながらラウンドされますか?

ゴルフは天候によって大きく左右されるスポーツです。

風の強さを読むのも技術向上ためにも必要不可欠なことなのです。

今までの経験上ショットに影響がないくらい風が弱かった日は少なかったように

思われます。それだけ風の強さ、向きを考えながらプレーしないといけないスポーツ

なんだと私は思います。

風を読むと言ってもこれはとても難しい事である程度の経験が必要にはなってきます。

でも風が吹いていると感じることは誰にでも出来ます。その強さ、方向などはその日に

よって違いますが風のこととホールの攻め方を考えながらコースを戦略していく事で

また新たなゴルフの楽しみ方が増えると思います。強風が吹く日を嫌がらずそれを

上手く戦略していくんだと思って楽しんで下さい。その気持ちが上手くなるための第一歩です。

ゴルフクラブの適正な重量フロー

皆様は、自分のクラブの重量フローは、適正かどうか調べたことはありますか?

クラブ重量がバラバラなセッティングだと、スイングテンポに大きな影響を及ぼす可能性があります。

スイングテンポが乱れると、一般的に重いクラブではダフリやすく右にミスしやすく、軽いクラブでは、トップや左へのミスにつながったりします。(右打ちの場合)

もし、特定のクラブだけダフったり、トップしたり、右へもしくは左へとミスしやすいという場合、クラブセットの重量フローが適正でない可能性があります。

では、自分にはどの重量が合っているの?

と、思いの方が多いと思います。

選び方のコツとして、クラブは振り切れる範囲で重い方がスイングが安定するという点です。

まず、考え方として、5番アイアンの総重量をベースにします。

クラブには、カーボンとスチールのシャフトがありますが、どちらのシャフトが自分で振りきれる範囲で重い方なのかを調べて頂きます。

例えば、スチールシャフトでダイナミックゴールドシャフトが振りきれる範囲とします。このダイナミックゴールドシャフトの5番アイアンの総重量を測り、5番アイアンの総重量から100~110g引いた重量が、ドライバーの総重量となります。

もし、同じテンポで振っているのにミスが出てしまうと思いの方、このような重量設計になっているか、一度ご自身のクラブセッティングを測ってみて下さい。

クラブの相談や体験レッスンも行っておりますので、興味のある方は是非ご連絡ください。

お待ちしております。

初めてのスタンス

エンジョイゴルフ、井上です。

初心者の女性の方の多くはクラブを振ると重さで左右にゆすりながらスイングして

しまいます。また回転させようとしてスタンス幅が狭いのでより大きく左右に動いて

しまいます。狭い方が回りやすいと思いがちですが逆に腰が回しにくくなります。

あくまでもスイングは回転運動なので軸が動いてしまうと意味がないです。

まずは頭が動かないように意識していく事で軸がぶれなくなります。そのためには

スタンスを広めにしていく事が大事です。目安としては肩幅よりやや広めです。

一度試してみて下さい。

ただ今、一周年記念の初心者向けの短期集中レッスンプランを企画中です。近日中に公表いたしますので、ぜひご期待ください!