ロングサム・ショートサム

今回は、左手親指に注目したいと思います。

ロングサムやショートサムのこのサムとは、親指の事をさします。

また、ロング、ショートとは親指がどの程度グリップに沿って伸びているかの事。

このロングとショートには、それぞれ特徴があり、グリップをロングサムに握ると、自然とハンドダウンの構えになりやすく、クラブがアップライトになりボールがつかまりやすくなる利点があります。

ショートサムは、自然とハンドアップの構えになりやすく、クラブがフラットになるため、ボールのつかまりが悪くなるという利点があります。

スライスやフックで悩んでいる方がいらっしゃいましたら、一度この握り方を試してみてはいかがでしょうか?

また、体験レッスンも行っておりますので、ぜひご相談下さいませ。

連絡お待ちしております。

ウィークグリップ

ボールを打つクラブと体の唯一の接点でもあるグリップ。 

ボールの安定性やスイングの形を作るものとして非常に大切です。 

今回は、フックで悩んでいる方に試して頂きたいグリップの握り方をお話します。  

ウィークグリップと呼ばれているグリップの握り方です。 

親指と人差し指のVラインが両手とも左肩の方を向くのが特徴で、アドレスした際に、左手のこぶしが1つ程度しか見えないか、ほとんど見えないのがウィークグリップです。 

ウィークグリップでは、スイング中フェースが開きやすくなり、インパクトの瞬間にもフェースが右に向きやすいので、ボールがつかまらずスライスしやすくなります。 

そのため、ボールがつかまり過ぎてフックしてしまう場合は、試してみる価値はあるかと思います。 

ですが、フックで悩まれている全ての方に合うわけではないので、一つの方法として試してみて下さい。 

詳しく知りたいと思いの方は、体験レッスンも行っておりますので、ぜひご相談下さい。

ストロンググリップ

ボールを打つクラブと体の唯一の接点でもあるグリップ。

ボールの安定性やスイングの形を作るものとして非常に大切です。

今回は、スライスで悩んでいる方に試して頂きたいグリップの握り方をお話します。

ストロンググリップ(フックグリップ)と呼ばれているグリップの握り方です。

親指と人差し指のVラインが両手とも右肩の方を向き、アドレスした際に左手のこぶしが2~3つ見える状態がストロンググリップです。

特徴として、左手の甲がほぼ正面を向いていることと、フェース面をある程度閉じた状態をキープしてバックスイング出来るので、インパクト時にフェースが開かず方向性が安定する点です。

また、ストロンググリップはフェース面を真っすぐにするときに、グリップエンドが前に出てくるハンドファーストの形でインパクトをする動きになり、より強いインパクトをする事が出来るので飛距離も出やすくなります。

フェースがかえらず、ボールがなかなかつかまらずスライスしてしまう場合は、試してみる価値はあるかと思います。

ですが、スライスで悩まれている全ての方に合うわけではないので、一つの方法として試してみてください。

詳しく知りたいと思いの方は、体験レッスンも行っておりますので、ぜひご相談下さい。

ルールについて

エンジョイゴルフ 井上です。

ゴルフにはたくさんのルールがあります。

ご存知の方もおられると思いますが、今年になって27項目のルール改正がありました。

その目的としてはプレーの進行を迅速に進めるために変更になったとも言われています。

それだけプレーの進行が遅い方が多くなって来ているからだと思います。

ゴルフはルールよりもマナーの方が大事だと私は思っているのでスロープレーは一番の

マナー違反だと思います。

だからプレーファーストでラウンドするためにもある程度のルールも知っておかないと

いけない事なのです。

ただ多すぎて覚えるのに大変でプロの試合でも間違った処置をして失格になっている選手もいるぐらいです。

でも知らないよりかは知っている事でペナルティを受ける事無くプレー出来る事にもなるのである程度知っている方もまたやり始めてあまり知らない方もルールブックを読むようにして下さい。

今はネットで簡単に調べられるのでYouTubeなら分かりやすく教えてくれるのでそれを観て勉強してみて下さい。

火・金を除く毎日プロが常駐しておりますので、ご相談下さい。 

連絡お待ちしております。

クラブ選びは上達に大きく影響

こんにちは、大浦です。

今回はクラブ選びについてです。

ゴルフというスポーツは、道具を扱うスポーツの中で種類が多いのはまれです。 

ルールとして、14本までゴルフバックに入れれて使用出来るわけですから、道具がパフォーマンスに影響する割合も高いです。 

ですから、クラブ選びは慎重に行う必要があります。 

クラブを選ぶ時に、使う方の体力や技術レベルに合うことが大前提。 

さらに、ドライバーからウェッジまで、長さや重量も流れがキチンとしている事も大切。 

今は昔と違い、クラブが進化しています。 

技術が及ばなくても、クラブがカバーしてくれることも大いにあります。 

クラブに自分が合わせにいくのではなく、自分に合ったクラブを使うことが上達の一番の近道になります。 

かといって、クラブで全てカバー出来るほどゴルフは甘くありませんw 

技術も大事です! 

現在、ご使用のクラブが自分に合っているか不安な方は、気軽にご相談ください。 

ご連絡お待ちしております。

パットについて

こんにちは、エンジョイゴルフ井上です。

今回は、パットについてお話します。

パットは転がして行くだけだから簡単だと思いがちですが、私はプレーの中で一番難しいと言っても過言ではないことだと思っています。
それは、カップに入れるために考えていく事がたくさんあるからです。
まず「真っすぐ転がす事」「距離を合わす事」「ラインを読む事」の三つがパットにとって必要な事なのですが、真っすぐ転がすことに対してアドレスがターゲット方向に向けているか、フェースが向いているか、インパクトのフェースが向いているかなど、真っすぐ転がす事だけでもこれだけ考えていかなければならないという事です。
距離を合わすためには振り幅の強弱、スイングリズム、グリーンの速さ、上り下り、などです。
練習が一番出来ないのがライン読みです。これはコースをたくさんラウンドする事で曲がり幅が分かるようになったり、芝目がわかるようになったり経験として身についていくものですしまた一番難しい事なのです。
これだけたくさんの事を考えながらプロはプレーをしています。
そのために、プロは相当な練習量と経験を積んでいるのです。
でも実際、パターは自宅でマットか、ラウンド前の練習で軽くするくらいですよね?
練習場所もそうたくさんありません。

ですが!
エンジョイゴルフには室内練習グリーンがあります!
実際のグリーンとは少しことなりますが、自宅でのマットよりははるかに練習になります。

今後、パターのレッスンイベントも企画していきますので、是非一度お越しください。
体験レッスンも受付中です。

飛距離の三大要素

皆さん、飛距離の三大要素ってご存知ですか?

ゴルファーの中には知らない方も多くいらっしゃるようで、飛距離を出すにはヘッドスピードがないとダメと思っている方も少なくないようです。

確かに、ヘッドスピードも大事ですが、ボールの飛距離は「初速」「打出角」「スピン量」の3つが関係して決まります。この3つを飛距離の三大要素といいます。

いくらヘッドスピードが速くても、ボールの初速がはやくないと飛ばないですし、ボールが高すぎても低すぎてもダメ、ましてやボールのスピンが多すぎても少なすぎても飛距離は出ません。

この3つの要素がプレイヤーのヘッドスピードで、可能な限り速い初速、適正な打ち出し角度、適正なスピン量が得られれば、最大の飛距離に近づくということになります。

今回はその中の1つ、初速について話します。

ボール初速とは、インパクト直後のボールスピードのことです。

反発して打ち出されたボールの力です。

ヘッドがボールに衝突する速度が速いほど(ヘッドスピード)ボールの初速が速くなり飛ばしに有利になるわけですが、ヘッドスピードが速いのにボールが飛ばない方がいます。

この方達は、クラブとボールがしっかりミートしていない可能性があります。

ミート率が高いとボール初速は上がり、飛距離が伸びます。

なので、飛ばしに必要なのはヘッドスピードではなく、ボール初速になります。

例えば、女子プロのヘッドスピードは、一般男性とあまり変わりません。

でも、ドライバーの飛距離は断然女子プロ達のほうが上です。

その理由は、ミート率が違うからです!

プロという事も確かにありますが、女子プロはいつも芯に当てることで飛距離だけでなく方向性も良いショットを打てるのです。

それだけ飛距離を出すにはミート率(芯に当てる)が大事になります。

ゴルフクラブも、この3大要素を考えて作られ進化し続けています。

まずは、飛距離を出したい方は初速という事を考え、ミート率を上げるように頑張ってみてはいかがでしょうか?

詳しく知りたいと思いの方は、体験レッスンも行っておりますので連絡をお待ちしております。

アプローチの距離感

こんにちは、エンジョイゴルフ大浦です。

アプローチでのレッスンで1本のクラブで距離を打ち分ける方法を聞かれました。

皆さまは、距離の打ち分けをどのようにされていますか?

今回レッスンした方は、インパクト時の力の強弱で距離の幅を決められていました。

ボールに当てて終わりみたいな感じ。

まさに感覚派ですね(^-^)

この強弱で上手く距離感が出せればいいと思いますが、飛び過ぎたりショートしたり、さらにダフリやトップも出てミスが多く悩まれていました。

感覚は大事だと思います。

ですが、ここまで安定しないと「ものさし」たる基準的なものを持っていたいですよね。

そこで、振り幅を決めて調整する練習をしていただきました。

まず体を時計に置き換え、腕が針として見立ててイメージしてもらい、8時から4時の幅・9時から3時の幅という形を決め、振り上げる幅で距離を決定する。

人によって振り幅での距離は違いますが、振り幅という「ものさし」を作ることによって距離の打ち分けが出来ます。

なかなか振り幅でのアプローチが上手くいかず、力が入りガチガチになっていましたが、少しずつ力も抜けてきて上手く打てるようになってこられ楽しく練習されていました。

帰り際には、先生、今度はカッコよくおしゃれにスピンとかかけれるアプローチ教えてくださいとか言ってくる(Σ(・□・;)

いまやっている練習がコースでバッチリ決まれば、十分カッコイイと思うけどなぁ……

私のレッスンはマンツーマンが基本としています。コミュニケーションを大切にして、信頼関係を築き、目標達成に向けてサポートしていきます。


クラブの事やゴルフの事なら何でもご相談ください\(^o^)/


体験レッスンも行っておりますので、お気軽にお申し付けください。

 

井上プロのレッスンブログ「フェースの向き」

今回はインパクト時でのフェースの向きについてお話します。

ボールを打ちたい方向に打って行くにはまずフェースがターゲット方向にむいているかです。

いかにキレイなスイングが出来てもターゲット方向に向けていないと意味がないしインパクト時にフェースが向いていないと意味がありません。

ただ構えた向きが間違っていても打ちたい方向に飛んで行く事もありますがそれがナイス ショットだとは言い難いですし構えた向きが良くてもミスショットになってしまうということです。

ということはそれだけインパクト時でのフェースの向きが大事だということです。テイクバックの時にフェースを開いて上げているか閉じて上げているかでスイングも変わりますしトップの位置も変わったりします。

自分がどちら側の上げ方をしているか一度確認してみて下さい。

またどちらの方が良いとかはないので悩んでおられる方は体験レッスンにお越し下さい。

詳細はお電話、またはメール、HPからどうぞ!

(井上雅之PGAツアープロは、主に毎週木曜を担当)

井上プロのレッスンブログ「アドレスの重要性」

今までレッスンしてきた方々の多くはアドレスが上手く構えられていません。

アドレスが上手く構えられていないとキレイなスイングが出来にくくヘッドスピードも上がらずスイング軌道もずれて上手く打てることが出来ません。

スイングに悩んでいる方はまず基本に戻りアドレスをきっちり作り直してみて下さい。

スタンスの基本は

 「姿勢、スタンス幅、体重のかけ方、手元の位置」 です。

個人差はありますが一つでも間違っているとスムーズなスイングが出来にくくなります。

まず姿勢、前傾に対して上半身が真っすぐになっているか。例えば、猫背になっていたり、左右に傾いていたり、頭がかがみすぎていたりしていないかです。

スタンス幅、肩幅ぐらいには開いているか。広すぎると腰は回しやすいが体重移動がやりにくくなり、狭すぎると体重移動はやりやすいが腰が回りにくくなります。個人差はありますが両方がやりやすい幅にしているかです。

体重のかけ方、足の裏の中心からやや前にかけているか。軸がぶれないように踏ん張れる場所にかけられているか、です。

手元の位置、中心より少し左の位置で構えられているか。どのクラブも手元の位置は同じでインパクト時の位置でもありドライバーを真っすぐ構える位置でもあります。なので、ドライバー以下のクラブは必然的にハンドファーストになります。

もう一度基本に戻ってみてキレイなアドレスを作り、キレイなスイングを目指してみて下さい。

「ゴルフ始めようか、どうしようかな?」と迷ってらっしゃる方、まずはお気軽に、体験レッスンからはじめてみませんか?

詳細はお電話、またはメール、HPからどうぞ!

(井上雅之PGAツアープロは、主に毎週木曜を担当)